狭い賃貸は収納スペースの確保が問題

広い二階建て一戸建て賃貸住宅から、狭い賃貸マンションにこの春引っ越した管理人ですが、家が狭いと何が困るかというと、収納スペースが少ないことが問題です。

5DKから3DKへ引っ越しする、ということで、かなり大胆に荷物を減らした管理人ですが、まだ収納スペースが足りておらず、そこかしこに物があふれています。

スポンサーリンク

では、どうやって収納スペースを確保するか、ですが、まず思いつくのがベッド下収納です。

手前の2つがフィッツケース

ベッド購入で押し入れ不要に

今までの我が家のライフスタイルは布団でしたが、今回の引っ越しを機に、こどもにはニッセンの布団が干せるすのこベッドを購入しました。

このベッドを買った理由の一つは、まずこども部屋に押し入れがなかったこと。

クローゼットはあったのですが、そこは、夫婦二人のシーズンオフの服とこどもの普段着を収納したフィッツユニットケースのクローゼット用を入れるといっぱいに・・・

これからの賃貸物件はクローゼットがデフォルト

最初は、寝る時は布団を敷いて、起きた時はたたんで隅に置いていました。

しかし、それならいっそ、ベッドを買った方が、場所はとるけれど、布団の収納場所にもなるだろうし、ベッド下に収納ケースを入れれば収納場所も確保できる、ということで、ベッドを買いました。

さらに、布団が干せるベッドを買ったので、これで、布団干しもちょっと楽になるはず。

ベッド下収納にフィッツケース

現在は、こんな風に収納ケースをベッド下に置いています。

写真は、すのこをとった状態で撮影したものです。

ベッド下の収納はやっぱりフィッツだよね!

手前の二つがフィッツケース。

手前の2つがフィッツケース

奥は特に名は無い引き出し式収納ケースです。

できれば、全部フィッツでそろえたい

めいっぱい使いやすくするなら、フィッツユニットケースをどどーんと4つ並べたかったのですが、収納ケースが余っていたし、ほかにたくさん買う物もあったので、今回はこれで我慢。

今度買い換える時は、フィッツユニットケースにしようかと思います。

ここに、こどものシーズンオフの服や、布団カバー、かさばらない寝具類を収納しています。

5畳ほどのこども部屋には、タンスを入れるスペースはありませんでした。

クローゼットのフィッツユニットケースと、このベッド下のフィッツケースほかで、こどもの服の収納は全てカバーしています。

品揃え豊富さなら  テンマフィッツワールド
安さなら  フィッツ| 暮らしの杜 横濱|楽天市場

ベルメゾンネット