大学生一人暮らし物件のキッチンは廊下

大学生一人暮らしの物件は、たいていキッチンは玄関入って、部屋に入るまでの廊下にあります。

なので、棚を設置するような余裕はないことが多いです。

となると、冷蔵庫くらいは、置く場所はあっても、そのほかの棚を置くような余裕がなかったりします。

我が家も、そういう物件だったのですが、そうすると、必然的に、炊飯器や電気ポットは部屋の中に置くことになります。

スポンサーリンク

ニトリのつなげて使えるカラーボックス60cmが便利

とりあえず、電子レンジは、冷蔵庫の上に置くとして、炊飯器や電気ポットをどこに置きましょうか?

キッチンラックを買いますか?

いやいやそんなスペースの余裕はありません。

となると、多目的に収納できる棚の上に置くか、ということになりました。

我が家が買ったのは、ニトリのつなげて使えるカラーボックス60cm。

幅が60cmあれば、一人暮らし用の炊飯器も電気ポットもじゅうぶん置けます。

加えて、お値段もお手頃。

通常の三段カラーボックスを2つ置く、という手もありますが、ニトリのこのつなげて使えるカラーボックスにした理由は、

棚板の間隔を自由に設定できる

というところ。

通常のカラーボックスは棚板固定が多いです。

安いのでそれでよければ良いのですが、たとえばA4サイズのファイルは入りません。

それを考えると、収納するモノにあわせて、棚板の間隔を自由に変更できるニトリのこのつなげて使えるカラーボックスの方が、断然使い勝手が良いわけです。

しかも、我が家が買ったのは60cmだったので、値段は少し高くなりましたが、通常のカラーボックスと同サイズのモノは、お値段も1000円以内と通常のカラーボックスとそんなに変わりません。

ニトリのつなげて使えるカラーボックスは買いです!

ということで、我が家が買ったのはこれ。

色は、ナチュラル・ダークブラウン・ホワイトとありますので、お好きなのをどうぞ。